お手入れと金属アレルギーについて

動物アクセサリーのRpbotti.7 タイトル twitter facebook instagram

shoppig guide * Order&Custum * Q&A * my account * contact

 
お手入れと金属アレルギーについて
アクセサリーについて
「SILVER 925」・「K18」という文字をよく目にすると思います

それはシルバーやゴールドの純度をあらわしている言葉で、925は、純度92.5%で7.5%は銅が含まれ、18とは純度75%で25%がほかの含有物ということです

日本や欧米ではシルバーですと925以上ががスターリング・シルバーとして価値のあるものとされていますが、アジアなどでは純銀が重宝されています(最近では輸出のために925を製作しているところもあるようです)。また日本ではゴールドは18金がポピュラーですが、アジア諸国では22金が価値があるとされています

純度がよければいいかというとそうでもありません。純度のよいものは大変柔らかく、加工しやすいという点がありますが、ほかの素材が含まれていないため密度が粗いので、傷つきやすく変形しやすいのも欠点としてあります
普段使いですとある程度の硬さが必要でなのですね
シルバーのお手入れ
シルバーは空気にさらしておくだけで「酸化」・空気中の硫黄により「硫化」といって、含まれている銅が茶色から黒ずんできます。また人間の汗や油・たまごやタマネギによっても黒ずみます
それを最小限に防ぐことは、まめにお手入れをすること、使用しない場合は空気にさらさないことです
また硫黄分の入った温泉や入浴剤入りのお風呂に入らないことも必須です(硫黄が入っているかどうかは、あの独特な臭いでわかります)
しばらく身につけないようであれば、きちんとお手入れした後に、ジッパー付きの密封できる袋に入れておいた方がよいでしょう

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

***ピンクシルバーについて***
当店ではピンクシルバーも取り入れておりますが、ピンクシルバーとは普通のシルバーよりも銅の含有量が多いため、ピンク色をしているものです
そのため、SILVER 925よりも変色がとても速いのです
クロムメッキをかければシルバー自体の変色が防げるのですが、ピンクシルバーの場合、メッキによりピンク色がなくなってしまいます
そこで、当店ではピンクシルバーの商品には変色防止剤につけております
こちらは半年〜1年ほどもちますが、放置したままですと変色がしますので、日々のお手入れをお心がけください
お手入れに関しましては、下記をご参照ください



***メッキ製品について***
基本的にシルバーにメッキをかけることは当店ではしておりませんが、K18ホワイトゴールド商品の場合はロジウムメッキをかけることがあります。
その際は提示しておりますが、その際は剥がれやすくなることを考え、以下のクロスやクリーナーなど薬剤でのお手入れはお勧めしませんのでご注意ください
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

日々のお手入れは「柔らかい布で拭く」のが基本で、まめに汚れを落とすのが一番です。


使い古しの歯ブラシ&歯磨き粉で磨き、水洗いする方法や(乾いた布で水分を拭き取ってください)、スーパーや100円ショップで売っている「重曹」を使うのも手です

重曹はいぶし仕上げをする際にも、汚れや油分を取り除くのに使用します
重曹に沸騰したお湯を注ぐとしゅわしゅわっとなり、その中にアクセサリーを入れ、数分おき、水洗いします

上記の2点の方法は、水に弱い石が入っている場合、当店のピンクシルバー商品には使えません。チェーンなど細かいものに適していますが、本当に「ちょっとした汚れ」用です。黒くなりすぎたものは下記の方法で。



水を使えないものの場合、貴金属店やシルバーを扱うお店などで販売されているシルバークロスで拭く方法があります
いぶし仕上げしてあるものもピカピカになりすぎず、多少力を入れても傷がつくことがないので、この方法が一番安心かと思います


ほかに、専用の液体クリーナーに浸け、水洗いする方法もあります。ただし、薬剤ですのでいぶし仕上げされているものまできれいになってしまいます
酸化・硫化が取れても小さな傷により、白く曇った状態になる場合があり、その際は上記のクロスで拭き、仕上げるととてもきれいになります
ただ、水洗いするので石によってはご利用できません

また、シルバー専用のクリーナー(研磨剤)「ウィノール」・「キクブライド」(同じ製造元らしいです)などがありますが、そちらは着古したTシャツなどにクリーナーをつけて磨き、きれいな布(こちらもTシャツでOK)で拭き取ります
この方法は結局、シルバーを磨くというよりも細かい粒子で「削る」というイメージです
1本購入するだけで何年ももってしまいますので、勿体ないかもしれません

当店では商品をお買い上げの方に、クロスもしくはウィノールをお付けしておりますので、お試しください
このページのトップへ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ゴールド・プラチナのお手入れ
プラチナは「永遠に変わらぬ輝き」ということでマリッジリングに使用される地金で、永遠と言うだけあって変色はほとんどありません。ただ長年ご使用の場合は、傷などによる曇りもでてきますので、専門の方にお願いするのがよいと思います
日々のお手入れはやはり基本の「柔らかい布で拭く」ことです

ゴールドは銅が入っていますので、赤みがかった変色が起きます その際はゴールド専用のクロスが販売されていますので、そちらをご利用いただくとよいでしょう(シルバークロスと同様で、しみ込まされた薬剤が違うだけです)
また、プラチナ同様、日々のお手入れは布で拭く方法と、中性洗剤→水洗いという方法でも汚れは取れます
傷などはやはり、専門の方にお願いした方がよいです

当方でもゴールド・プラチナの研磨もお受けしますが、デザイン等にもよりますのでお問い合わせください
このページのトップへ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
金属アレルギーについて
金属アレルギーとは、身につけている金属がイオン化して身体に浸透し同じ金属のイオンが触れると、肌が拒否反応を起こしてかゆみやかぶれがおこることです

基本的にその人の体質によるところが大きいのですが、体調不良などから発症する場合もあります
一度発症してしまうと、身体の中に抗体ができるため直りにくく、一生その金属は身につけられないこともあります
ご心配の方は病院でパッチテストも受けられるので、試してみたらいかがでしょうか(金・銀・プラチナなど)

また不純物が入っていない方がアレルギーの発症は低いともいわれています。

一番危ないものはニッケルといわれており、地金をごまかすために入れられたりしました。現在はPL法により日本での販売は不可となりましたが、海外でつくられたものに関しては・・・わかりにくいのでどうにもできないんですけれど。

「金メッキ」の際に処理上ニッケルメッキが施されますので、気をつけていただいた方が無難です

もし発症してしまった際は、すぐに病院にかかり指示に従ってください
このページのトップへ